最近月9の主演にも抜擢された人気女優、石原さとみが『TOKIOカケル』のゲストに登場。
番組内では、TOKIOメンバーが事前に考え、カードに記入した「石原さとみがおそらく今まで聞かれたことがないであろう変わった質問」に順に答えていくオリジナル企画石原さとみの「生まれて初めて聞かれました」企画を行った。

リーダー城島からの「銭湯に行ったときに体と顔のどちらを隠す?」という質問に石原さとみは「顔です!」と笑顔で答えた。
岩盤浴やスパなどに行く場合は、タオルを2枚以上使用し、1枚は頭にターバンのように巻いて、もう1枚は顔が隠れるように口元を抑えるようにしてしてさりげなく顔を隠すのだとか。
しかし、銭湯のように明るくて比較的狭い空間では難しいらしく、「更衣室とか緊張します。逆に表を向きますね。」という意外な答え。例えば、おどおどして隠しながら着替えていると見てくるんじゃないかと考えてしまうので、あえて堂々と自然にふるまうことで周りに溶け込むのだとか。石原さとみさんならではの意見ですね笑

「もし近い将来、女優を辞めないといけなくなったときは何がしたいか?」という質問をされた石原さとみは、「ドラマの主演で経験した影響で、看護師(ナース)の勉強をしてみたい」と答えた。「今でも、もしもう一つ人生があったらと考えたときに看護師になりたいと思いました。」フジテレビのドラマ『Ns’あおい』の主演を演じたことがキッカケらしく、演技ではなく、直接的に自分の手で治して影響を与えたいと話している。

スポンサー リンク

石原さとみについての商品を楽天でもっと探す

スポンサー リンク

スポンサー リンク

あわせて読みたい記事