今、話したい誰かがいる1

乃木坂46の13枚目シングル「今、話したい誰かがいる」(10月28日発売)の発売5日目までの売上枚数が累計61.3万枚、前作の売り上げを超えた!

最高セールス「太陽ノック」に届く勢い

グループの初動記録をマークしていた「太陽ノック」の60.9万枚を上回り、最新のオリコンシングルランキング(10月31日付け)では5日連続でデイリー1位を保持している。

なお、累計では乃木坂46の10枚目のシングル「何度目の青空か?」に次ぐ過去4番目のセールスとなっており、累計売り上げ記録の過去最高は「太陽ノック」の67.5万枚だ。
今のペースでいくとを超える累計売上記録となる可能性も高く、これからの売り上げセールスにも注目が集まりそうだ。

ファンも色めきだつ売り上げペース

ツイッターや掲示板の書き込みによると、
「選抜組のファンはほぼ皆買っているから、 あとはその他のメンバーがどれだけ売って部数を伸ばすのか」という意見があり、他研究生の人気にも注目が集まっているよう。

スポンサー リンク

一般にも受けてる証拠だな! もう乃木坂46を誰も止められない!
全盛期のSKEを超えたな。
など、ファンの盛り上がりようも伝わってくるようだ。

乃木坂46 「今、話したい誰かがいる」CM

曲自体のクオリティも高いと話題

今まで秋元康の曲の中でもPVや歌詞がいいとして、一般層からも買われていることが功を奏しているのかもしれない。
YouTubeでは、発売直前からUPされたPVにも拘わらず視聴回数が150万回を突破しており、口コミや徐々に人気が出てきたことがうかがえる。

巻頭グラビアやCMでもマーケティング十分?!

ヤングジャンプやヤングマガジンでも白石麻衣や主要メンバーのグラビアが掲載され、プロモーションもばっちりで臨んだ今回のシングルリリースは、乃木坂46最高売り上げを記録した「太陽ノック」を凌ぐペースで快進撃を続けているが、これからの動向に注目kが集まり、もしかすると乃木坂46の熱狂的なファンの「爆買い」によって売り上げが押し上げられるとも予想がたっている?

スポンサー リンク

スポンサー リンク