坂上忍1

最近私がハマってるテレビ番組は「あのニュースで得する人損する人」です。

番組はフリーアナウンサーの羽鳥とフットボール後藤さんが司会となり、芸人さん達とお得な情報や料理を見てコメントをしたり、実際に食べたり、小技を試してその判断をしつつ視聴者に紹介するっていうものなんですが、この番組スタッフの中の坂上忍さんがとても気に入ってます。

その中でも坂上忍さんの活躍が光る

坂上忍さんっていうと元々は大物子役としてテレビに登場するもテレビ番組から遠ざかり、最近元大物子役として再登場しだしてから、色んなテレビ番組から引っ張りだこっていう大人気の人なんです。

魅力の一つに辛口コメントがあると思うんですが、それがこの番組ではすごい参考になるんです。

その中でも坂上忍さんの活躍が光る

大体それなりに良さそうな小技なら、スゴイ!と番組スタッフは褒め称えるだけだと思うんですが、坂上さんが実際にそれを試してみて、その小技が得ワザか損ワザかっていう評価を下すコーナーがあるんです。

私がさすが坂上忍って思ったのは、大根の面取りが簡単に出来るっていう小技紹介があったんです。

結構面取りって面倒なんですが、この小技は皮を剥いて適当な大きさに切った大根の面取りを、ザルに入れてササっと振るだけで面取りが出来てしまうっていうもので、もちろん何個もいっぺんにしてもすべて面取りできてるので便利だなって思ったんですが、坂上忍さんの評価は損ワザでした。

得ワザにならない理由は、たしかに面取りは便利だが、そのためにザルを洗うのは面倒、洗う手間を考えると毎回使いたいと思うほどの価値はないから損ワザだというコメントだったんですが、辛口批評をする坂上忍ならではのコメントだなって感心しました。

スポンサー リンク

逆にこの辛口な坂上忍さんを唸らせる得ワザはどんなものなんだ?と毎回見るようになったんです。

得ワザの中でも坂上忍さんの太鼓判が押されたものとは

得ワザで気に入ったのは、サンマの内臓を簡単に取る得ワザです。

季節的にこの得ワザ紹介をしてたのが秋口だったのも印象深いものにさせたんだと思います。

その方法は、最初にさんまの頭と胴体の境目部分あたりに包丁を入れます。

方向は背中からお腹方面にかけてで背骨を断ち切ったところで包丁はストップさせます。

次にサンマのお腹にある小さな穴(肛門)より1cm頭側の部分に包丁を入れます。これはお腹から背中方面に入れる感じで、1cmほど入れ、これで下準備は完了です。

その後、サンマの頭と引っ張ると、頭に内臓がついたままキレイに取れるんです。全然血もでませんし汚れることなくスッキリとサンマの内臓が取れてるのでとても便利だなって思いました。

さすがに辛口評価の坂上忍さんもこの技を実体験して、スゲーって唸り声を上げるほどで、もちろん得ワザ認定でした。

掛け算レシピもすごい!

他のコーナーには家事エモンっていう、お掃除や料理がものすごい上手な芸人(ジューシーズの松橋)が出演して、ものすごい掃除テクニックや調理方法を紹介してくれるんですが、その中でもビックリするのが掛け算レシピっていう奴です。

冷蔵庫の残り物にちょっとしたものをあわせて全然別の料理に仕上げるものなんですが、意外性もさることながら、その料理を辛口の坂上忍さんが食べて、うま~って唸ってるんですよね。

最近見たものだと、豆腐と重曹を使ってヘルシーなトンコツラーメンをのスープを作るっていうものですが、味がトンコツラーメンのスープなのにカロリー半分、しかも全然別領域の具材の掛け合わせから仕上げてくるんですからビックリです。

もし、まだ見たことが無い人は一度見てみてください。辛口コメントの坂上忍さんを唸らせるものすごい技の数々を見てみてください。

きっと自分でもしてみようかな?と思うこと請け合いです。

スポンサー リンク

スポンサー リンク