星野源1

現在放映中の産婦人科医のドラマ「コウノトリ」でレギュラー出演している俳優・ミュージシャン・作家などマルチな才能を発揮している星野源がついに紅白初出場を果たす。

私「コウノトリ」見ているんですが、ミュージシャンが本業の人とは思えないくらいいい演技をしているんですよね。

寡黙で厳格な役どころなのですが、まさかミュージシャンでけっこう明るい感じで歌を歌っているだなんて、ミュージシャンとしての星野源を知らない人が見たら、「え、別人?」という感覚になると思いますよ。

それもそのはず、星野源は日本アカデミー賞の新人対象を受賞しているのです。

中学生の頃から演劇と音楽を両方ともやっていて、どちらも才能が花開いたという感じでしょうか。

星野源がリーダーを務めるインストゥルメンタルバンド「SAKEROCK(サケロック)」でも本屋大賞の準大賞を受賞していますが、俳優業の功績の方が目立っていましたね。

しかし今年からは違います。

なんてったってNHK紅白歌合戦に出場するんですから。

これからは、日本アカデミー賞、本屋大賞、紅白出場、というどっからでもかかってこんかい!
って感じの完璧な経歴になりましたね。

違う分野でも世間に誇れるほどの業績を残せる人って尊敬できます。

きっと時間の使い方と努力が人一倍なのだと思いますよ。

病を乗り越えての紅白出場

星野源11

星野源はくも膜下出血の為に過去二度、活動を完全に休止したことがあります。

発病したのは2012年の12月22日、クリスマスイブの前の日だったんですね。

突然立つ事も出来なくなり、そのまま救急車で病院に運ばれて即入院になりました。

膜下出血というのはハンマーで頭を殴られたような壮絶な頭痛がするらしいです。

考えただけで恐ろしいですね…

そして星野源さんは、「もしかしたら後遺症が残るかもしれません」と医者に宣告されました。

スポンサー リンク

このときすでにサケロックと星野源名義での音楽活動も軌道に乗っていましたし、俳優の仕事も増えてきていた頃だそうで、相当なショックを受けたでしょうね。

手術は無事に成功したらしいのですが、再発のリスクと後遺症の痛みは残ったらしいです。

激しい痛みと感染症のリスクがあったために入院は長期になり、やっと退院でき音楽活動と芸能活動に復帰した矢先のこと。

2013年6月、再手術。

星野源さんは定期健診で手術した箇所が悪くなっているということで、再手術することになりました。

それにともなって再び音楽活動と芸能活動を完全に休止することになりました。

星野源さんは再びつらい闘病生活に突入することになったわけですが、彼はその時に人生の見方が少し変わったようです。

それは…

なんでも下ネタに変換すること。

…と聞くとなんやねん下ネタかよ、と思ってしまいますが、要は、もっと楽しく気楽に生きようということなのかもしれませんね。

今でこそミュージシャンや俳優、作家、映像ディレクターなど多方面で素晴らしい活躍を見せている星野源さんですが、こういう経験を通して、人生を謳歌するコツみたいなものを身に着けたのかもしれません。

今年の紅白は何を歌うのでしょうか?

期待してみてみたいと思います^^

星野源のざっくりとしたプロフィール

■本名 星野源(ほしの げん)

■誕生日 1981年1月28日(34歳)

■出身 埼玉県蕨市

■身長 168cm

■血液型 AB型

■中学の頃のあだ名 おじいちゃん

■活動 ミュージシャン、俳優、声優、作家、映像ディレクター

■2000年~音楽バンドSAKEROCK(サケロック)のリーダー

■くも膜下出血の治療として活動休止期間が2回ある

■主演アニメ「聖☆おにいさん」ブッダ役

■主演映画『箱入り息子の恋』『地獄でなぜ悪い』

■受賞歴 日本アカデミー賞 新人俳優賞、CDショップ大賞準大賞など

■事務所 アミューズ

2015年紅白歌合戦に初出場するアーティスト

■紅組(女性)
・大原櫻子
・Superfly
・乃木坂46
・μ’s
・レベッカ

■白組(男性)
・ゲスの極み乙女。
・BUMP OF CHICKEN
・星野源
・三山ひろし
・山内惠介

スポンサー リンク

スポンサー リンク