ももいろクローバーZ1

百田夏菜子、自身のブログで紅白落選について「もう泣き疲れた」

人気5人組アイドルグループ「ももいろクローバーZ」のリーダー・百田夏菜子(21)が公式ブログを更新し、モモクロ運営事務所の見解とは180度違う意見を言っていてちょっとした話題になっています。

昨年まで3年連続で出場していた紅白に落選し「もう泣き疲れた」などと非常に悔しい思いをしたことを語っている。

昨年まで3年連続出場していたことがすでにすごいことですけどね~

しかしまだまだ上を目指していきたい「ももいろクローバーZ」にとっては悔しいできごとだったんでしょうね。

しかし今年の紅白には乃木坂は出場しますが、AKB48の出場はないんですよね。

(ゴールデンボンバーはなぜか出場しますけどw)

そういうことを見ていくと、やはり出場アーティストの入れ替えというのは不可欠なわけですから、4年連続でることなんてなかなかできないと思います。

もし正統派の宇多田ヒカルくらいクオリティの高い万人に受け入れられるアーティストということなら別ですが、

ももクロが目指しているのはあくまでも、アイドルグループであって、やはり紅白の中の「アイドル枠」の争いになりますから

毎年勝ち抜くのはかなりの難易度でしょうね。

今年はミューズ(u’s)が出場するということでモモクロは除外されたのではないでしょうか。

限られた枠の中でのパイの奪い合いでしょうから、こればかりはどうしようもありません。

百田夏菜子のブログ「紅白」落選について

「もう泣き疲れた。笑

今でも情けないくらい紅白ってワードを口にするだけで涙がでてくる」

と綴っており、そして

「出たかったー!5人で!

いつだって私たちの夢だった

きっと、誰よりもこだわってた

6人でした約束だって忘れるわけない

でもだからこそ、もう前しか見てない!いや、前しか見ないようにしてる。笑」

と続けている。

ももクロは2012年に紅白に初出場し、それから2013年、2014年と3年連続で出場しており、

アイドルグループとしては優秀な功績となっている。

それでも4年目に紅白に落選したことは非常に悔しいんでしょうね。

今年のモモクロはネガティブな話題に足を引っ張られた?

写真は男祭りライブ開催用の写真
ももいろクローバーZ2

福岡で開催される予定だった男祭り。

これに県から「待った!」が罹ったことが今年話題になりましたね。

県の言い分としては、「男女差別につながるイベントを大宰府で行うことはやめてほしい」

ということだったと思うんです。

誰もこのイベントで男女差別だなんて思う人いないでしょ!

と、私たち若い世代は思うものだが、ももいろクローバーを知らない老人たちには男女差別に移るかもしれませんね。

このモモクロのイベントの中止騒動は、運が悪かったというか予測しずらいことだったと思うのでかわいそうでしたね。

もしかしたら今年の紅白は全くネガティブなイメージのない人を優先的に選んだのかもしれません。

まあ、ただ単に今年ヒット曲をだせたかとか、話題に上ったパロメーターとかで判断しているのかもしれませんが。

スポンサー リンク

今年のモモクロは第一回となる単独カウントダウンライブを豊洲で開催!

百田夏菜子のブログの最後は、

大みそかに、東京・豊洲PITで行われるカウントダウンライブ

「第一回ももいろカウントダウン ~ゆく桃くる桃~」

という紅白落選に伴って急きょ開催されることになったカウントダウンライブについて書かれている。

「ももクリ、カウントダウン、ドームツアー

まだまだ盛りだくさん!

さっ!やるしか!!」

と百田夏菜子は持ち前の明るさで、今から行われるももいろクローバークリスマスライブとカウントダウンライブに対してやる気を燃やしていることを書いて締めくくっている。

カウントダウンライブをするということは他の地上波の年越し特番に一切でないということなんでしょうか?

それとも紅白の為に予定をぽっかり空けておいたとか…

だとしたら悔し泣きする気持ちもわかりますね。

でもその分カウントダウンライブは情熱的に盛り上がるでしょうから、ぜひファンの人たちと一体になって盛り上がってほしいですね!

今年のももいろクローバーはアメリカのヘビメタバンド「KISS」とのコラボでも話題になったのだが…
ももいろクローバーZ5

百田の思いに反してモモクロ公式サイトは紅白からの「卒業」を宣言

NHK紅白歌合戦の出場歌手が発表された直後のことであった。

ももいろクローバーの公式ホームページがなかなか突っ込んだ内容を投稿したのだ。

その内容とは…

「紅白からの卒業」

そして

「初の年越しカウントダウンライブの開催!」

ということだった。

ライブは「第一回ももいろカウントダウン~ゆく桃くる桃~」というタイトルで、

東京・豊洲PITを会場にして、12月31日午後10時から年明けの元日午前1時の3時間、

単独のカウントダウンライブイベントをすることを決定し、

当日の模様はテレビ埼玉で生中継され、そして更にはUstreamでインターネットから生配信されるという徹底ぶり。

紅白に落選したからって…卒業まで宣言しちゃっていいのでしょうか?

3年連続で紅白にでれていたのに、手のひらを返したように「卒業しまぁす!」というのは如何なものなのだろうかとも思うんだけど。

この公式サイトの発表をしたのは、紅白の出演アーティストが発表された当日。

そのスピード感ある対応には関心するけれど、百田夏菜子をはじめメンバーの気持ちを置いてけぼりで運営が突っ走っているようにも見える。

でももしかしたら紅白に落選するというのはある程度決まっていたことで、今回紅白の出場者が公に公開されたことで年越しライブ情報を解禁したともとれるし…

うーん、真相はわからないですね~

公式サイトのコメントは

「ももいろクローバーZは紅白歌合戦を卒業します。

ありがとうございました。

(12月23~25日にライブを行う)冬の軽井沢、(来年2月からの)5大ドームツアー、

そしてその先も私たちは私たちのやり方で、

みなさんと一緒に『私たちの道』を歩き続けます。ど真ん中しか歩きません」

と、自身に満ち溢れた内容となっている。

軽井沢で行われるクリスマスライブツアー、そして来年2月からの5大ドームツアーとはなかなかハードなスケジュール。

さすがももクロ!

とも思うけど、果たしてこの強気の路線で公式サイトが宣言してしまったことがどう響くのか…

来年からのももいろクローバーZに、色んな意味で目が離せない。

スポンサー リンク

スポンサー リンク