2

今、「下町ロケット」8話に出演で話題の中村歌昇さん

今クール一番の大ヒットとなっているドラマ「下町ロケット」。

主演が阿部寛さん、原作があの「半沢直樹」や「ルーズヴェルト・ゲーム」でも知られた池井戸氏ということでも有名ですね。

今回も相当面白い内容で、原作の小説も飛ぶように売れています!

「下町ロケット」では色んな分野の俳優や芸能人を起用していることでも有名ですね。

今回はその中でも話題になっている中村歌昇さんにスポットを当ててみました。

中村歌昇さんの「下町ロケット」での役どころは、

貴船が教授を務める「アジア医科大学」の研修医・葛西役ということで、

今からの話の展開させる重要な役どころとなっています。

中村歌昇さんがなぜ人気なのかというと厳格な歌舞伎一家で生まれ育ち、若くして四代目 中村歌昇を襲名したイケメンがテレビドラマに初出演したということでです。

どのような家柄なのかはいかに解説しますね。

中村歌昇さんの家族、もとい家系図はすごい?

中村歌昇さんは厳格な歌舞伎一家で生まれ育ちました。

まず、父親がすごいんです。

父は三代目 中村又五郎を襲名している方で、

文部科学大臣賞や紫綬褒章を受賞するなど素晴らしい功績を残しています。

そして、「鬼平犯科帳」長谷川平蔵役で広く知られている中村吉右衛門(なかむら きちえもん)

鬼平犯科帳を知っている世代では知らない人はいないくらいの人なんですが、

実はこの中村吉右衛門さん、歌舞伎界の人間国宝なんです。

この中村吉右衛門さんは、血縁関係はないのですが、ひいおじいちゃんの兄の養子ということで家系図的には繋がっています。

身内に人間国宝までいるとは、中村歌昇さんの一族はそうそうたるメンツですね。

中村歌昇さんの結婚相手もこれまたすごい方!

結婚相手の女性がこれまたいいお家柄の娘さんなんです。

スポンサー リンク

結婚しているのでもう彼女ではないですね。

結婚相手の女性の名前は萩岡信乃(はぎおかしの)さんという方。

2015年に結婚しているので、つい最近のことなんですね。

26歳で結婚ですから、割と若いうちに結婚に踏み切ったんですね~

この女性、山田流筝曲萩岡派四代目家元で萩岡松韻さんの次女ということらしいです。

琴の名家ってことですね。

日本芸術のサラブレッドではないですか、しかも次女ということで長女よりも家との軋轢もなさそうですし。

母の萩岡松韻さんは現在、東京芸術大学で筝(琴)を教える教授で、

萩岡信乃さんももちろん琴をやっており大学も東京芸術大学を卒業しています。

母が琴の教授で娘も同じ大学で琴をしているだなんて、手に職だなんてものではないですね。

きっと日本を代表して色んなイベントで披露したりなんかもあるんでしょうね~。

歌舞伎界のエースと琴の名家との結婚だなんて絵にかいたような日本の伝統芸能カップルですね!

結婚式は盛大に行われ、色んな著名人が招かれたらしいですよ。

二人の出逢いは歌舞伎「趣向の華」で、中村歌昇さんが一目惚れしたことがキッカケだそうです。

中村歌昇さんのざっくりとしたプロフィール

1

■本名 小川 雄郎(おがわ たけお)

■生年月日 1989年5月6日

■身長 168cm

■血液型 B型

■屋号 播磨屋

■経歴 
・2011年歌舞伎座『菅原伝授手習鑑』で四代目中村歌昇を襲名。
・メンズブランド「五大陸」のアンバサダーに選ばれる

最近の中村歌昇さんの出演しているメディアを探してきました

歌舞伎俳優の中村歌昇と中村隼人がインタビューに答えています

爽やかなイケメンですよね~

「かげんできない話」を披露しています!

スポンサー リンク

スポンサー リンク