秋ドラマの話題作『トランジットガールズ』主演の伊藤沙莉

大ヒットを生み出したテラスハウススタッフが同性愛を描いた話題作『トランジットガールズ』。

このドラマ『トランジットガールズ』が伊藤沙莉の連続ドラマ初主演となりました!

演技力に定評のある伊藤沙莉は、色々な監督から“今一番仕事をしたい若手女優”と言われているそうで、

“ガールズラブ”という難しい役もオーディションで見事に勝ち取りました。

女優の伊藤沙莉と、モデルで女優の佐久間由衣が、ガールズラブをテーマとした連続ドラマ「トランジットガールズ」で初主演を務めた。

社会現象を巻き起こした人気リアリティ番組「テラスハウス」の制作陣が手がける直球ラブストーリーを、

ミュージシャンの降谷健志(「Dragon Ash」)の楽曲が彩る。

というかテラスハウスを手掛けたスタッフって、テラスハウスが脚本有りきの番組だったって公言したようには取られないのでしょうか?笑

脚本がなければあんな綺麗なアングルでカメラ回すことなんてできないでしょうからね~

まあそれはおいておいて先に進みましょう。

親同士の再婚により義姉妹となった女子高生とカメラマンの卵が、

最悪の出会いを経て、ひとつ屋根の下で暮らすなかで、反発しながらも恋心を互いに募らせていく姿を描くドラマ。

伊藤沙莉の役はピュアでおてんばなかわいい女子高生、佐久間さんは美しいカメラアシスタントの役だそうです。

2人でのキスや入浴シーンもあるようです!

“ガールズラブ”をテーマとして前面に押し出した作品は、連続ドラマ史上初となる試みで、10分に1回、視聴者を胸キュンさせていくという感じらしい。

主人公である妹の葉山小百合役を子役から注目の若手女優へと成長した伊藤が、

その恋の相手となる姉の志田ゆい役をファッション誌「ViVi」の専属モデルでテレビドラマ初出演の佐久間が演じる。

伊藤沙莉は子役時代から芸能界にいるベテラン若手女優

伊藤沙莉は子供の頃から芸能界に所属して、数々のドラマや映画に出演している女優です。

伊藤沙莉を子役時代から現在までの伊藤さんを比較して見てみると、

小学生の子役時代、当たり前のことですが、見た目も思いっきり子供でしたが、

2014年に放送された「GTO」ではかなり大人っぽい高校生役でした。でもそのとき実は20歳だったんですよね。

そして「トランジットガールズ」でもまた21歳でも高校生役なんです。

お姉さん役の佐久間由依の方が20歳で実は年下というわけなんですが、老けてみられるより幼く見られて悪い気はしないでしょうね。

伊藤沙莉といえば学園ドラマのいじめっ子?

話題になったドラマ「女王の教室」や「GTO」でいじめっ子の役を演じていたことで有名な伊藤沙莉。

伊藤沙莉はいじめる役やちょっとおもしろい役がハマっていました。

いじめっこグループの中でもリーダー格ではなく、たくさんの子役たちの中にいると、“演技のうまい気になる脇役”といった印象。

そんな子役時代から現在は21歳と大人になり、様々な作品にご出演されて積み重ねてきた経験もあります。

近年は個性派女優としての抜群の演技力がどんどん認められ、注目されるようになってきました。

ガールズラブというこれまでにない役柄は、伊藤沙莉の新たな引き出しになりますね!

ハスキー声とムカつく演技が伊藤沙莉の武器?

伊藤沙莉の演技を始めてみた方は、口を揃えて「ハスキー声」に注目します。

それもそのはず、伊藤沙莉は子役の頃からかわいらしい外見とはうってかわって声は低めでした。

そしてかなりハスキーボイスなんですよね。

かわいらしい声って感じではなくて、かっこいい声という感じです。

その特徴的な声を聞いた方は

「あの声にやられてファンになりました」「顔と声のギャップが良い」

と評判は良く、伊藤沙莉の武器のひとつとなっています。

ハスキーボイスな伊藤沙莉のインタビュー動画

また、演技力も伊藤沙莉の武器です。

子役時代から安定感のある演技をしているとの評判があるぐらい、違和感のない演技をします。

また、「女王の教室」で伊藤沙莉の演技がドラマの成功要因としてもあげられているぐらいかなり高評価です。

「GTO」では「女王の教室」に引き続きいじめっ子役だった伊藤沙莉

「GTO」では、「女王の教室」に引き続きいじめっ子の役で出演したのがその証拠ですね。

スポンサー リンク

「GTO」では、伊藤沙莉のいじめっ子の演技がリアリティーがありすぎたために

ネットでは「ムカつく」という声も上がるほどでした!

2005年に放送された「女王の教室」から2014年の「GTO」で格段に上手くなっているとも評価されています。

伊藤沙莉は主演や中心人物を演じることは今まで少なかったのですが、

演技力など評価されての「トランジットガールズ」主演抜擢だったんですね!

伊藤沙莉のざっくりとしたプロフィール

■名前 伊藤沙莉(いとう さいり)

■誕生日 1994年5月4日

■年齢 21歳(2015年時点)

■出身地 千葉県

■血液型 A型

■身長 152cm

■職業 女優(子役から)

■ジャンル ドラマ、映画、舞台、CM

■趣味 カラオケ

■特技 ダンス

■事務所 アルファエージェンシー

伊藤沙莉さんの名前の読み方ですが、「さいり」と読みます。

よく「さり」と間違えられるそうです。

事務所「アルファエージェンシー」には俳優の萩原聖人さんや豊川悦司さん実力派俳優も所属しています。

伊藤沙莉の高校や大学など学歴は?

伊藤沙莉の学歴について調べてみました。

高校に関しては千葉県の若松高校ではないかと噂されています。

伊藤沙莉の姉とみられるブログに「妹の伊藤沙莉は無事に若松高校に合格しました!」と書いてあるんです。

伊藤沙莉という名前の別人という可能性も全然あり得ますが、

姉のブログ内容は2010年のもので、伊藤沙莉は2010年に高校入学したこと、

ブログ内に兄弟3人と書いてあるが、伊藤沙莉には兄と姉がいること、

若松高校は千葉県の高校で、伊藤沙莉は千葉県出身であること、

などの共通点もあるので、本当に伊藤沙莉の姉である可能性も高そう。

ちなみに、兄弟全員若松高校を卒業しているみたいです。

ついでに、若松高校の偏差値は47と言われているので、勉強はそれほど得意ではないのかも。

続いて大学に関してですが、こちらの情報は全く見当たらなかったので、進学せず女優業に専念しているのだと思います。

伊藤沙莉のダンスはプロレベル並み?

伊藤沙莉さんのダンスの実力はけっこう本格的で、ちょっとやってました!

っていうレベルではありません。

2003年には、まだ9歳にも関わらず、

・「ALL Japan Dance Contest 」東京予選優勝

・サンリオダンスコンテスト キッズ部門優勝

・島谷ひとみ 13thシングル「YUME日和」バックダンサー

・a-nation’04 TRF オープニングダンサー

・TRFのオープニングダンサー

などなかなか華々しい経歴があるんです!すごいですね~。

ダンスしている動画は出回っていないのでそのダンスを見ることはできないのですが、いつか披露してくれることもあるかもしれませんね。

伊藤沙莉の代表的な出演作品

伊藤さんは2003年ドラマ「14ヶ月〜妻が子供に還っていく〜」で芸能界にデビューしました。

当時わずか9歳で演技未経験ながら、身体が少女に若返ってしまった女性研究員役をこなしました。

その後しばらくは演技からは遠ざかっていたものの、

2005年にドラマ「みんな昔は子供だった」「女王の教室」で復帰、

2012年に映画「悪の教典」、

2014年にはドラマ「GTO」、

そして2015年ドラマ「トランジットガールズ」で初主演に抜てきに、

今後の活躍も期待できますね!

伊藤沙莉の性格について

いじめっ子という役を演じている伊藤沙莉ですが、実際の性格はどうなのでしょうか?

伊藤さんは自分の性格についてインスタグラムで、

「気分屋」「静かな性格ではない」と話しています。

いじめる演技が評判の伊藤沙莉ですが、お茶目な写真を撮ったり、趣味がカラオケだったり、普通の女の子みたいです。

共演者とも仲が良くプライベートでも遊んでいることから社交的で明るい性格なのかもしれませんね。

伊藤沙莉の熱愛彼氏や恋人情報など

一時期SexyZone菊池風磨さんとのプライベート写真が流出し、

熱愛が噂された伊藤さんですが、この件に関して伊藤さんは

自身のTwitterで交際を否定しています。

また、彼氏がいるという情報も今のところないようです。

Hey! Say! JUMPのメンバー山田涼介とも噂がありました。

これはかなり気になる噂ですが、

実際は2008年に出演されたドラマ『スクラップ・ティーチャー』で共演されただけの様です。

スポンサー リンク

スポンサー リンク