AAA 西島隆弘を好きになったきっかけは?

私が西島隆弘を好きになったきっかけは、CMでした。

イトーヨーカ堂のあったかインナーのCMでかっこよく

そしてかろやかにダンスを披露している姿に心奪われました。

その時は誰だか知らなかったのですが、

インターネットでわざわざ調べました。

何年も前にchannel A という深夜に放送していた音楽番組に出ていたのがきっかけです。

最初はAAAを好きになり、その中で西島隆弘がダントツに輝いていたことを今でも覚えてます。

笑顔と歌声にやられます(笑)

西島隆弘が出演しているテレビドラマ「いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう」について

AAA西島隆弘の最近のドラマだと、やはり、

月9の「いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう」だと思います。

西島隆弘演じるアサヒは有村架純演じる音を優しくあたたかく

大きな心で包み込んであげる役です。

有村架純、高良健吾、西島隆弘で三角関係になってしまうのですが、

ドラマの西島隆弘が演じてる役がとても優しくて、泣けてきます。

アサヒはとても深い闇のようなものを持っている役なのですが、

西島隆弘がその心の葛藤をしっかりと表情や仕草で演じています。

あの役は西島隆弘にしかできない役だと思います。

西島隆弘が有村架純に後ろから抱きしめてプロポーズをするシーンがあるのですが、

自分がプロポーズされてるわけではないのに、とてもドキドキしました!

有村架純羨ましかったです(笑)

あんなに優しい声が出せるのは西島隆弘しかいません。

主役に目がいきがちですが、しっかりと存在感のある演技をしてくれています。

彼は影のある役がとてもうまいと思います。

AAA 西島隆弘の恋愛歴や恋人結婚相手について

西島隆弘は同じAAAのメンバーの宇野実彩子と付き合っていたという噂がありますが、

宇野実彩子も好きなので、平気です。

むしろ理想のカップルだと思います。

西島隆弘もいい年なので、むしろ早く結婚して欲しいです。

ニュースになった時は発狂するかと思いますが、祝福します(笑)

しかし、20代前半は結婚したいと言っていた西島隆弘も

30歳目前では多分結婚しないんじゃないかなと、言っています。

彼は仕事熱心なので結婚はまだかなと思っています。

スポンサー リンク

AAA 西島隆弘の出世作、世間の注目を浴びた作品やCM映画など

注目をあびたのは、「愛のむきだし。」ですが、

そのあともタンブリングで体操選手役をしたりしています。

AAAというグループの出世作は恋音と雨空という曲だとは思いますが、

彼本人はアーティストとして成功をおさめたいので

俳優業で出世することにはこだわってないように感じます。

アーティストとしては、今年個人でアルバムをだしました。

ファンクラブでしか手に入らないCDの売り方をしていますが、

ファンのあいだではとても注目をあびているアルバムだと思います。

西島隆弘というより、AAAが有名になったのはフルーチェのCM出演?

西島隆弘というより、AAAが有名になったのは、何年も昔、

テレビで流れていたフルーチェのCM出演がかなり知名度を上げたかと思います。

小室哲哉が作詞作曲した曲が出た時もかなり知名度がグンと上がったと思います。

カラオケでAAAを友人の前で歌っても知らないと言われてましたが、

小室哲哉が作詞作曲した「会いたい理由」を歌うと

「この曲知ってる!」盛り上がるようになりました。

仮面ライダー電王もAAAが歌っていたので、小さい子にもたくさん知られたかと思います。

AAA 西島隆弘について期待していること、考えていること、話題になっていること

期待していることといえば、ソロイベントです。

AAAとしての活動ももちろん大好きなので応援していますが、

彼本人がアーティストとして歌で勝負したいと考えているので、

その気持ちが叶えばいいなと思っています。

ソロイベントで、ワンマンライブをしそうなのでその活動にとても期待しています。

彼は演技でも注目されていますが、演技をしている西島隆弘より

歌で勝負している西島隆弘の方がイキイキしているので

歌をもっととりあげてほしいと思います。

掲示板でも見ましたが、AAAは今は清楚系になったと思いますが、

昔は女子メンバーはギャルっぽく、男子メンバーはちゃらちゃらと言いますか、派手でした。

私は小室哲哉が作詞作曲してから清楚系になったと思います。

そして、恋愛の曲を多く歌うようになったなと思いました。

私は昔の自由なAAAらしさが出ているダンス、歌、ライブが好きでした。

今も好きですが昔ほどではないです。

昔のAAAらしさ(特にダンス)が少しでも戻るのを期待してます!

スポンサー リンク

スポンサー リンク