ブルゾンちえみの魅力とは

2017年1月1日日本テレビ放送の「ぐるナイおもしろ荘2017」でオーデイション参加数過去最高の859組の中から合格した10組の若手芸人たちがネタを披露しました。
その中で栄えある優勝を手にしたのが2人の後輩芸人と組んだ『ブルゾンちえみwith B』というユニット。

個人的に、ブルゾンちえみはかなりツボにはまった芸人である。

おもしろ荘ではブルゾンちえみwithBとして会場の笑いをかっさらっていった。

ブルゾンちえみの魅力とはいったいどんなものなのであろうか。私なりに考察をしてみた

まずはそのキャラクターである。

俗に言うデキるOLというキャラであり、withBと名乗る2人の男を上手く扱っている。

何と言っても顔と行為のギャップがたまらなくおかしい。

わかっているのに笑ってしまう、不思議な魅力のある芸人である。

特に、男にフラれた友人を慰めるシーンである。

世界中に男は何人いると思ってるの?から、当たり前の35億という回答が返ってくる。

さらにはあと5000万などとのたまい、なんだお前は34億5000万人も食ったのかとみてる私たちにつっこませる巧みな技術が光る。

今後最も期待している芸人である。
ゆりやんレトリィバァと少し被る部分はあるが、両者とも応援したい芸人であることは間違いない。

ブルゾンちえみは何者?

期待のニューカマー「ブルゾンちえみ」さんですが、まだほとんど無名の彼女ですので、情報がほとんど出ていませんしワタナベエンターテインメントでの公式プロフィールも用意されていない程です。

Wikiでの情報もないのでリサーチしていく中で分かった事としては、2015年10月にワタナベエンターテインメントの養成所を卒業し、芸人活動をされているようですが、お笑い芸人になった動機が、「バラエティー番組」に出たかったからだそう。

ちなみにブルゾンちえみさんの本名に関してですが、一見ちえみという名前が本名だと思いますが、実際のところ本名ではないとの情報です。

ブルゾンちえみがスッキリ!、PON!と出演していたのをたまたま拝見した。

これがなかなかのインパクトのある女性である。
分厚い化粧に真っ赤なリップで、まあまあなブス加減で、少々な小太りな体型である。
また、面白いピン芸人が出てきたなという感じ。

まだ、芸歴2年の超若手の26歳。
定期的にテレビ出演となれば、今年の目玉の芸人になり、かなり早めのスマッシュヒットとなりそう。

芸風はちょっとモテる女目線の言葉でイケメンバックダンサーの男達をまやかし、翻弄する。
いい男を少し、もてあそぶ感じ。
ブスならではお家芸である。

ファッションデザイナーのコシノジュンコのフアンであるらしく、髪型も真似してるらしい。
知らない人が2人を見れば、ただのブスな親子しかにしか見えない。
あんなファッションデザイナーのどこがフアンになれるかを是非教えて欲しい。

本名じゃないらしいが、体付きを見れば、ブルゾンって言う芸名は妙に合ってる。
名付けた人、天才。

個性的な芸人だと思う

父は地元・岡山県の小学校教員。高校は、大安寺高校(現:大安寺中等教育学校)。

自らも教員を目指し、島根大学教育学部に入学したが、3年で中退。

その後は実家にしばらく帰郷、その後地元・岡山の劇団で活動した後、大阪の音楽専門学校に進み、大阪で歌の活動を始める。

大阪で活動していた頃に友人がワタナベエンターテインメントカレッジを受験すると聞いて、2013年に一緒に上京、同校に入学。

しかしちえみは歌手ではなくタレントの方を勧められ、バラエティタレントコースに入る。

ある日、講師に「すぐにでもバラエティ番組に出演したい」とアピールしたところ、「一番手っ取り早い」として芸人になることを勧められ、興味が湧いて芸人に転向。

ワタナベエンターテインメントカレッジを2015年9月に卒業後、ワタナベエンターテインメントに正所属となり同年中にデビュー。

公式プロフィールを見ても分かるように、なかなか高学歴な方だと思った。

お笑い芸人には頭の回転や、相方への切り返しなど、素早い対応が必要だと思うが、観てる視聴者が気持ちよくなるようなキレのある芸風は、高学歴ゆえのものだと思う。

女芸人さんというと、可愛い子がもてはやされたり、ドラマなどにも出演したりして、見た目の良さを求められる時代になっている。

オシャレにも気をつかい、ブランドを立ち上げている人もいるなか、ブルゾンちえみは個性的な髪型やメイクで、有名デザイナーをリスペクトしている衣装。他の誰も真似出来ないような芯がブレないファッションで、一見近寄りがたいように思える。

スポンサー リンク

でも、よく考えると、その近寄りがたい佇まいは、ずっとブルゾンちえみを形容する言葉や見た目として、効果的なんじゃないかとも思う。

日本人離れした思考の持ち主は、自分は嫌いではない。
個性的だからゆえに好き、嫌いはハッキリ分かれると思うが、ぜひ、息の長いお笑い芸人になって欲しいと思う。

ブルゾンちえみはネパール人にモテる?!

ブルゾンちえみの元カレは、三人連続ネパール人とのこと。ネパール人と出会うチャンスはなかなかないが、バイト先にネパール人が多かったため、そのバイト先を荒らしたとの本人談で、ネパール人はブルゾンちえみのような色白ポッチャリ系が好きな人が多いとのことです。

日本人とある程度の人数付き合ってから、日本人では物足りなくなってネパール人などの諸外国の彼氏を作るなら、楽しい気もします。
もし、自分がネパール人の好みの体型や顔だったとしても、少数派でもいいから日本人にモテるほうが現実的にはいいかなぁと思います。

結婚を考える年齢になったときに、ネパール人ばかりと付き合っていたら、結婚になかなか結び付かずに悩むと思います。
まだアメリカやヨーロッパなどの国であれば、国際結婚をしている人も一定数いるのでいいのですが、あまり馴染みのない国であると文化も相当違うだろうし、コミュニケーションも取りづらそうというのが正直な感想です。

昔は子供はハーフがいい、と思っていた時期もあるので、英語も好きだし、英語圏の人と結婚する、あるいは、ヨーロッパの国の人で共通語として英語をお互い話し、コミュニケーションするようなスタイルには憧れます。

実際そうやってうまくいってる国際結婚カップルもたくさんいますが、あまり一般的に人が付き合ったことのない国のかたたちと恋に落ちて、お付き合いするのは現実味がなく、お金の面でも苦労しそうと思ってしまいます。

ブルゾンちえみはつまんない?

この日、番組ではブルゾンの自宅写真を公開。「いいよね、きれい」「若手の部屋って感じじゃないよね」などと好評だったが、「一人で住んでるんですか?」との質問に「今は一人で。(2016年)4月頃までネパールの方と同棲。ネパール人と2年間」と告白した。

ネパール人と交際していたことは、これまでネタで触れたり、自身のTwitterでも明かしていたブルゾン。「外国人にモテるんだよね?」とたずねられると「南アジア担当。来るモノ拒まず」と、ネタと同様、自信たっぷりに答えた。

どうでもいいと思います理由は何処で笑えれば良いか分かんないし、男子受けするネタをしないと業界に残れないと思いますね。

メイクを真似る女子は別にいいと思うけど僕的にはあの芸風がちょっと苦手ですね。
理由は一人するネタを男性を使うのはどうかと思うし、トリオでするなら名前を変えた方がいいと思いますね。
後は彼氏が居たとか知らないしその上別れたとかどうでもいい。
最近の若手の芸人はテレビであんまり観ないからダメだね、一番先に消えるのはブルゾンちえみだと思いますね。

理由はおもしろ荘でブレイクした芸人はすぐに消えるからです。
これは僕の勝手なイメージですが、後はスッキリ呼ばれた若手芸人もすぐ消えますね。
またこれも勝手なイメージですが、最近の若手芸人はすぐに消えるからつまんないです。

後はこのおもしろ荘の企画も嫌いですね理由は僕が好きな人があんまり出ないので見る価値が無いからです。
大晦日の日に見たけどあんまりつまんなかったのでテレビを見るの諦めました。

家族揃ってブルゾンちえみ大好き

明日2月11日(土)放送の「嵐にしやがれ」(日本テレビ系)にブルゾンちえみがゲスト出演する。
ブルゾンちえみは、嵐が今気になる人を深掘りするコーナー「隠れ家ARASHI」に登場。自身の恋愛遍歴を明かすほか、二宮和也を“ブルゾンかずなり”としてプロデュースする。果たしてこのコラボからどのようなネタが生まれるのか。

あらしにしやがれで嵐の二宮とブルゾンちえみが共演するのを見ましたが、withBの二人のキャラ設定も最高だし、あのネタには本当に中毒性があるなと改めて思わされました。
母親も大爆笑してます。

1番好きなネタはカレーのネタですがじっくりコトコトのネタ最高です。
地球上に男が35億5千万人いるネタも最高ですが。

二宮和也もブルゾンちえみが好きと言う事でネタを披露していましたが、私的に評価するとやはり表情作りからネタ中に笑ってたら面白さに欠けてしまうなと思いましたし、まあでもアイドルだからみんな笑ってくれるだろうとは思いますが、あの平静を保った感じでやるブルゾンちえみのネタが味があるなと思いました。

あと、二宮と一緒にネタをやっていた外国人女性2人のスタイルの良さもなかなかネタ並みに目が行ってしまったのと、英語の発音がよすぎて笑ってしまいました(笑)

あと指ぱっちんしないと喋らないビタースウィートの2人もブルゾンちえみ並みに目立ってますし、むしろ一緒にやって売れるようになってよかったんじゃないかなって思います。

スポンサー リンク

スポンサー リンク