清水富美加の出家騒動について視聴者の意見も交えてご紹介します!

一社会人としても宗教活動家としても未熟

出家を理由に芸能界を引退する事に関しては、特に駄目だと言う理由はないと思います。
事務所の方とも円滑に話が進んでいる様なので問題はないかと。

ですが、清水さんは今後上映される筈、放送される筈だった一切の映像に対する損害を深く考えていないと思います。

今まで撮ってきた映像が全て世間に晒されてから出家の為引退、と言う形でも充分良かったのでは無いでしょうか。

記事を読む限りでは少し無責任で自己中心的な行動が目立つと思います。

また、ニュースで報道されていました「人々の幸福の為に〜」との本人の発言にも大きく矛盾があるかと。

人々の幸福の為を思うのなら、自分が携わった一つの作品を作る費用や人の思いを省みて然りではないでしょうか。

出家したいが為に今、彼女の引退宣言に迷惑を被っている人の事を考えると、清水さんは出家した所で、何か徳を積んだ所で人の上に立ち導く様な人格には成り得ないと私は思います。

宗教を、ましてその宗教理念である人々の幸せを中心に置くのならばもっと色々な方法があった様に感じます。
それを理由にした今回の身勝手な行動に、私は非常に残念に他なりません。

宗教法人「幸福の科学」への出家を宣言した女優・清水富美加(22)について、所属事務所「レプロエンタテインメント」が14日夜、本間憲社長名義で報道各社にFAXを送付。
騒動となっていることを謝罪した上で、清水本人の意思を「最大限尊重」し、「可能な限り本人の希望に添う形で円満に話を進めていくつもりでおります」と改めてコメントを発表しました。

出家した清水富美加は事務所側と和解できるのか

清水富美加の引退ニュースを聞いたのは、ネットでのニュースからが1番最初だった。

思えば彼女を始めてテレビで見たのは仮面ライダーフォーゼからだったと思う。

仮面ライダーのヒロインのイメージは今までなかなか演技派な方がいないイメージだったが、彼女は違い安心して見たいられた印象を持っている。

それから、NHKの番組への出演や映画への出演と活躍しているように見えたが、残念な結果になってしまった。

今回、所属事務所側の発表以前に清水側からの引退についての直筆文書の公開や所属している幸福の科学側からの発表があったが、そちらの印象からは清水が疲れてしまっている事や事務所側からの賃金の不当な扱い等が指摘されていて、メディア側もその点を強く取り上げていたために、所属事務所側の発表がどうなるかと思っていた。

今回正式に事務所側の発表があり、本人の意見を尊重する旨が書かれていて、とりあえずは収束しそうだが、まずなぜこの時期に清水本人が出家を望んだのかという事に疑問が残る。

できれば彼女がより良い休息を得て、また復帰できた暁には事の真実をしっかりファンに伝えてくれることを祈るのみである。

今年1月末ごろ、清水本人から事務所スタッフに、幸福の科学に出家すること、出家に伴いレプロとの契約を終了させたいと申し入れがあったことを説明。

事務所としては「突然の告白に大変衝撃を受けましたが、出家及び契約の終了について一切の否定をしておりません(ただし、契約の終了時期につきましては別途協議の申し入れをしております)」と清水の信仰やレプロとの契約終了自体については否定していないことを改めて伝えました。

事務所側としてはすでに決定している仕事を「プロフェッショナルとしての責任を持ってやり遂げてもらいたい」との思いから、2月2日から双方の代理人弁護士が契約終了の時期について協議を進めてきた、と説明。レプロとの契約は5月20日まで残されている。

清水富美加が出演していた朝の連続ドラマ「まれ」を観ていました

朝の連続ドラマ「まれ」を観ていましたので、連続ドラマで、清水富美加さんの事を初めて知ったのですが、なかなか良い演技をされる女優さんでしたので、今回の件は、驚きました。

バラエティー番組や、CM等、これからの女優さんだと思っていましたので、残念です。
あまりにも急すぎる話でしたので、びっくりしました。

所属事務所の発表が真実なのか、清水富美加さんのTwitterの内容は意味が深い気がしまして、なぜこのような経緯に至ってしまったのか、真実はどこにあるのか、全くわからないですね。

幸福の科学に、ご家族で入所されていらっしゃるそうですが、ご家族もなぜ今この急な時期に出家に賛成されたのでしょうか。
宗教の信仰は、個人の自由ですので、その事自体はどうでも良い事だと思っています。

しかし、急すぎる話には、何かしら、清水富美加さんに対して(言葉が失礼で申し訳ありません)洗脳のような、呪文のようなものが与えられたのかと思っています。
早く、双方の意向が合意するといいですね。

また「連日の報道の中で様々な臆測が飛び交っておりますが、弊社といたしましては、当初から一貫して清水富美加本人の意思を最大限尊重し、可能な限り本人の希望に添う形で円満に話を進めていくつもりでおります」と説明。現在も代理人間で協議を続けていることを伝えた上で、「皆様にご心配とご迷惑をおかけしておりますこと、重ねてお詫び申し上げます」と騒動を謝罪している。

宗教の信仰は自由ですし、、、

今回の騒動の一連をテレビやインターネットで見ていましたが、本人を擁護する人や事務所側を擁護する人などいろいろいました。

同じ芸能人でおそらく売れなかった時代には同じような経験をしたであろう芸人さんたちや、会社経営しているような事務所側に考え方が似通った人たちは
清水さんは責任を果たすべきだ、急に辞めるなんて無責任だといったことを言います。
これを芸能事務所ではない場合に置き換えると、アルバイトをしているが会社側と問題が多すぎて、突然ばっくれる人間はたくさんいます。

私の周りにもたくさんいました。しかし、これが芸能人だから問題になります。

さらには、宗教がからんでくるからなおさら話題にもなるのだと思います。

宗教の自由と言われていますが、やはり無宗教の人間から見ると、独特な宗教なのかなと感じます。

守護霊を自身におろしてしゃべるなんて、あれま!と思ったりもします。

それでも、宗教の信仰は自由ですし、死にたいほどつらいのであればその仕事から逃げる自由も人にはあるのではないかなと感じました。

清水富美加の元交際相手は既婚者

宗教法人「幸福の科学」に出家した清水富美加(22)の17日に発売されたインタビュー本「全部、言っちゃうね。」で、清水が「悩みの種だった好きな人も忘れました」と明かした元交際相手が人気ロックバンドのメンバーAであることが18日、分かった。複数の関係者によると、交際後にAが既婚者であることに気づき、思い悩んでいたという。昨年破局したとみられる。

突然の芸能界の引退宣言、出家、そしてインタービュー本「全部、言っちゃうね。」の出版。
本当に急加速でいろいろな事がニュースとして出てきます。

突然の芸能界の引退宣言で周りの関係者にも迷惑をかけて芸能人からは非難の嵐ですが、
私は死を選ぶくらいだったら周りに迷惑をかけても芸能界を引退する事には賛成でした。

そしてインタービュー本で元交際相手が既婚者だったらしく、その件でも悩んでいたとか・・・
本当につくづくアンラッキーな子だなぁって可哀想になっちゃいました。

相談できる大人の人なんていなかっただろうし、もう頭の中パンクしてしまっていたのでしょう。

とても顔が可愛くて人気が出始めた時でしたが、今、彼女の写真を見返してみるともう目が死んでますね。

でも、今は本当に心が病んでいて今まで貯めてきた愚痴や不満を一気に吐き出しているようですが、これは少しやりすぎだと思います。
彼女が大人になった時、きっと後悔する日が来るでしょうね。

楽な方に逃げるのもいいんじゃない?

1番最初に思った事は
「最近芸能人引退多いなー」
くらいだったんですが、よくよくテレビを見てみると宗教や出家の文字が並んで驚きました。

好きな女優さんの1人だったので少しショック。

芸能界では
「プロとして仕事を終わらせてから引退しろ」
と批判の声が上がっているみたいですが、私はプロだったとしても人間なんだから何もかもほっぽり出して逃げたくなる事もあるよな~っと思います。

私も1年前に勤めていた会社でひどいパワハラにあい、急に仕事に行けなくなった事がありました。

毎日が苦痛でした。

しかし、辞める時はきちんと辞めようと思っていましたが、ある日仕事場でプチンっと糸が切れたかのように脱力感に襲われ早退し、その後仕事に行けなくなりました。

清水さんもそうだったのかな~と思い私は彼女の人生なんだから時には逃げてもいいんじゃないかなと思います。

たくさんの方に迷惑をかけてしまうのはダメだと思いますが、気持ち的に追い詰められて命を落とすよりも、生きていく為に楽な方に逃げるのも私は有りだと思います。

スポンサー リンク

世間に批判を浴びても今回の決断は正解だったと思います。

人気上昇中の若手女優の清水富美加さんが突然、芸能界から引退するというニュースが出ました。

出家を理由に引退表明しましたが、今はこのニュースが話題で次から次への色々な事が起こり話題を集めています。

芸能ニュース番組で芸能人は「こんな引退の仕方は絶対に許せない」とか「常識がない」とか批判的なコメントが多いですが、若い頃から芸能界に入っているので、常識がないのはあたり前だと思います。

月給は5万だけど、居住費とか他の経費は事務所負担で月給と合わせるとかなりの高額だったなんて言ってますけど、清水富美加さんのように若い子が水着姿にされ嫌だった仕事をさせられたり、物凄いキツイスケジュールで働かされ、実際に実感できる給料がたった5万円なんて、本当に逃げ出したくなるし死にたくなると思います。

大人にならないとその他の経費でこれだけかかっているから仕方ないって思えないと思いますよ。

それで精神的に追い込まれて本当に死を選んでからでは遅いし、世間に批判を浴びても今回の決断は正解だったと思います。

宗教法人「幸福の科学」に出家し、芸能界引退を表明した女優・清水富美加(22)の告白本「全部、言っちゃうね。」が今月11日以降のインタビューで17日にスピード発刊

宗教に出家される事や、信仰される事は、その方ご自身の自由ですので、批判は一切しません。

私はNHKの朝の連続ドラマ「まれ」で、清水富美加さんを知ったのですが、「まれ」出演後、テレビでよく拝見するようになりまして、勢いよく活躍されているのだなと思っていました。

バラエティーや、トーク番組にもよく出演されていまして、不思議なキャラクターな方だと感じていましたが、いつも明るく元気で、笑顔で、身ぶり手振り一生懸命と話をされる方だと思っていましたので、今後の活躍を期待していました。

しかし、急なニュースに驚きました。
出版されました本は読んでおりませんが、ニュースで本の内容を抜粋していましたのを見まして、7年も前から、死にたいと考えられていたのに、何故、その時期に引退や、休養を考えられなかったのか不思議な気持ちです。

そして、本の出版には時間がかかりますので、計画性を持って、急に引退を表明された訳ですよね。

そこの部分に違和感を感じました。周りの方々への配慮が足りなかったのが残念です。

まだまだこの件は、事務所側と、幸福の科学側で長引きそうですが、真実がどこにあるのか気になります。

法名・千眼美子名義で17日に発売した告白本「全部、言っちゃうね。」(幸福の科学出版)は、18日付の大手通販サイトAmazon「ほしい物ランキング」で1位を獲得しています。1時間ごとに更新される書籍全体の売れ筋ランキングでも1位を獲得していました。

教団広報によると、清水は「自筆メッセージだけでは語りきれない、本当のことをみなさんに知ってほしい」と望み、11日から14日にかけての4日間で計4回、書籍化のためのインタビューを受けたということです。

清水富美加さんの出家騒動をニュースで知って、
かなりびっくりした気持ちと残念だなという気持ちでいつもニュースをみていました。

私は朝ドラを見ていなかったので、始めてこの女優さんを知ったのはコウノドリをみた時でした。
すっごく可愛いくて期待していた女優さんでした。

でも先々週あたりに出家の為、芸能界引退の報道がでました。
まだまだ仕事も残っているそうだし、映画の予告でも清水富美加さんの予告をみました。

はっきり言って勝手だなぁって思いました。
人それぞれ仕事も違うし環境も違う中で、自分で選んだ世界のお仕事。
仕事なんて楽しい!って思うことが少ないと思います。

お給料面でもいろいろ言われているそうですが、そんなもんだと思います。
自分が思っているようになんて絶対いかないし、それでもコツコツ頑張るのみなのに。告白本を出す事も正直意味不明だなと思いました。

自分のしたい職業について気に入らないから揉めて自分の意思で本を出すなんて理解不能です。
人気があり購入も難しいとの事ですが、私は気になっても、この女優さんと宗教の為に絶対お金は払いたくないなと思いました。

日本に根付く仕事への根性論

最近ワイドショーで清水富美加さんの出家のニュースをよく目にします。

多くのコメンテーターが色々な人に迷惑をかけて自分勝手とか清水富美加さんへの否定的な意見が多い様に思います。

私はこのニュースを見た時に電通の若手社員が過労自殺した件を思い出しました。
電通の件に対しては多くは電通を批判する意見が多かったと思います。

自分のやりたく無い仕事をやらされて清水富美加さんもひょっとしたら自殺してしまった電通の若手社員と同じ様な状況だったのでは無いでしょうか?

しかし所属事務所を批判する声はあまり無い様に思います。
人が死んだら会社を批判して、死に至っていない場合は個人を批判するのはとても違和感を覚えました。

仕事が嫌で逃げ出した感じになっていることに対しても仕事は大変で当たり前とか、みんなそうやって頑張っているんなどの意見もある様です。

しかし命よりも大事な仕事なんて無いはずです。
嫌な仕事やって自分がダメになるようなら逃げ出すのもありだと思います。

その様な意見があまり無いのはつくづく仕事は嫌でもやりとげろという根性論が日本の社会には根付いているんだと感じました。

どんどん話が胡散臭くなってきた感じがする。

当然、清水富美加さんが芸能界を引退すると言うニュースが飛び込んできた。

元々なんだか不思議な雰囲気、ちょっとぶっ飛んだ雰囲気を持った女優さんだなと思っていたが、理由に驚いた。
宗教がらみとなると、正直理解に苦しむ。

何を信じるかは、本人の自由だと思うものの、引退の理由が二転三転していったあたりから、どんどん話が胡散臭くなってきた感じがする。

辞めるのは自由だけど、仕事なんだから、いきなりであちこちに迷惑かけるのはダメでしょう!と言いたくなる。

それにしても、清水富美加さんってかなりの売れっ子だったんだ。
公開予定映画や、撮影中、撮影予定のものを含めると、いったい何本に出演してるの?!とその人気振りに驚いた。

そして、損害賠償額の大きさにも驚いた。

これだけ話題になれば、清水富美加さんを宗教の宣伝塔にするという思惑は成功したと言えるのか。

一般人の私は、宗教の存在を知ったと同時に、なんだかマイナスイメージをもってしまったけど。

それにしても、『まれ』は、高畑裕太さんの事件と言い、今回の清水富美加さんの引退騒動と言い…お蔵入りは決定的ですね。

芸能界と宗教の闇

この騒動に対して、清水富美加さんが矢面に立ってない以上何を信じていいのかわからない。
よって私が見ていると、芸能事務所対幸福の科学のような構図に見えてします。

幸福の科学は広告のために、女性を守っているんだというスタンスを打ち出しているように見えてしまう。

また芸能事務所の法も能年玲奈の件があるため、悪徳芸能事務所的なイメージがついてしまっているため防戦一方に見えるが、芸能事務所なんてそんなものなんだろうとも思えてしまう。

ただし、清水富美加さんが芸能ニュースに上がってから本の出版までのどう見ても仕組まれたものとして時間軸的に見えてしまうため、まだまだこれからいろいろなことが起きるのではないかとも思っている。

華やかな芸能界には闇が確実にあるものだと私は思っているし、光が当たったからと言って当人が幸せかどうかはわからない世界だと思っている。

ましてや自分がやりたいことをやっているという感覚をもっている芸能人なんて一握りだろう。
暴露本を出したい芸能人なんて沢山いる。
清水富美加さんはどのような気持ちで今回の筋書きに乗ったのだろう。

宗教と契約、社会人として。

出家騒動について。

現事務所との契約が5月まであるならば、一社会人として契約はきちんと守るべきだと思います。

また、暴露本についてもいかがなものかと思います。

これまでずっと育ててきてくれた事務所に感謝の気持ちがあれば、普通こんな行動を起こさないはず。

これまで受けられたメディアへのインタビューにおいても、事務所のおかげがあってこそだと言っていましたが、今回の暴露本の中身とまったく違っているのは宗教側からなんらかの「洗脳」を受けているに違いが無いと思えてしまう。

にじいろジーンという番組を「ベッキー」の代役として引き受けたとき、しっかりしている子だな、と応援していましたし共感していましたが、今回の一件で非常にショックです。

一体彼女の身に何が起きたかさっぱりわかりませんが、出家するにせよ、いまやるべき、置かれているべき自分の立場や順番を守って、一つ一つの行動を責任ある大人な行動を起こしてほしかった、と彼女の言動においては非常に残念に思います。

スポンサー リンク

スポンサー リンク