今年で第14回目の開催となるR-1ぐらんぷりの決勝進出者9名が発表されたわけであるが、
お笑い好きの私から見て、非常に楽しみな面子が出揃ったという感想だ。

今年の決勝進出者は、レイザーラモンRG以外はピン芸をメインに活動している芸人である。

“ひとり芸日本一”を決定する『R-1ぐらんぷり2017』の準決勝が20日、東京・メルパルクホールで開催。準決勝終了直後に決勝進出者の発表が行われ、ブルゾンちえみ、三浦マイルド、レイザーラモンRG、ルシファー吉岡、マツモトクラブ、石出奈々子、アキラ100%、ゆりやんレトリィバァ、横澤夏子の9名がファイナリストに選ばれた。
決勝戦へと駒を進めた感想について、ブルゾンは「ひとつ言わせてもらっていいですか、ありがとう!」としみじみ。三浦が続けて「僕もひとつだけ言わせてもらっていいですか、マイルドフラッシュ」と持ちギャグをさく裂させると、トランプの扮装をしたRGも「Get out here!」と絶叫。横澤は「私もひとつ…優勝して、結婚がしたい」と切実に訴えていた。

普段コンビで活動している芸人のピン芸が、R-1ぐらんぷり限定で見られたりすることが
魅力でもあったわけだが、ピン芸が本職の芸人の方がこの大会にかける思いというのは
強いはずであるので、今までにないガチンコ勝負が見られることを期待してしまう。

スポンサー リンク

今流れが来ているブルゾンちえみの決勝進出は予想の範疇であるが、すでに露出が結構あるため、
ネタバレ感があってしまうのではないかという点が不安である。

また、ブルゾンちえみのネタには、「ブリリアン」という男性コンビが一緒になって、
「ブルゾンちえみwithB」として登場するのが斬新であったが、この大会のルール上、
一人で行わないといけないはずなので、どんなネタをするのか楽しみである。

ゆりやんレトリィバァ、横澤夏子、レイザーラモンRG、マツモトクラブ、ルシファー吉岡は、
過去に決勝経験があり、多彩なネタを披露できるメンバーであるため期待が出来る。

三浦マイルドは、第11回大会のチャンピオンであるため、どのような勝負ネタで二度目の栄冠を取りに来るのだろうか。

石出奈々子、アキラ100%は、初の決勝進出者で、まだまだ無名であるためダークホースとなりうる。

そして本大会の独自の特徴として、準決勝敗退芸人による敗者復活戦が行われ、それに勝ち上がった上位3組が決勝戦に復活することができる。

毎年敗者復活組が、勢いそのままに波乱を巻き起こしてくれるので、注目が高まる。

誰が優勝するか分からず、非常に楽しみな大会である。

追記:

優勝はブルゾンちえみでした!

優勝が発表されたブルゾンちえみは

「優勝賞金でwith B にもいい思いさせてあげようかな?」
とコメントしました。

スポンサー リンク

スポンサー リンク