最初は、あ、斗真と健太君が出る〜!くらいの印象だったこの映画、早く見たくてたまらない。

最近、健太くんの役の幅がとても広がっているように思います。

auのCMで日常的に目にする“浦ちゃん”こと浦島太郎としてお馴染み、桐谷健太出演の映画『彼らが本気で編むときは、』が2月25日に公開される。パワフルかつワイルドな印象の強い桐谷だが、この作品で演じているのは、好きになった女性が元男性のトランスジェンダーだという複雑な役どころ。大事な人を静かに愛し、いざというときには全力で守るという、“理想の夫”的な男性を好演している。トランスジェンダーの女性を演じた生田斗真とのコンビネーション、そして、この作品から受けた影響などを直撃。シリアスな作品でありながら、桐谷の飾らない朗らかな人柄に、現場は終始、和やかな空気に包まれている。

スポンサー リンク

確かに昔は、とにかくパワフル、元気な関西ノリな兄ちゃんという雰囲気。

そこから少しずつ、シリアスで少し怖い役、今回のようなただただ温かい役など、今までの元気いっぱいな役で土台を作ったからこそ映える役作りが出来てるなーと思います。

普段の優しくておおらかな健太君の良さが出てるこの作品、リンコと愛し合うことに素直なマキオを観るのが楽しみです!

で、いつもはかっこいい!な斗真が演じる美人のリンコ。

役作りで、現場に入る時からリンコを意識して、ネイルやグロス、服装を気にすることで女性的な所作を意識したらしい。

うん、CM見ただけで、普通の女子より女子でした。

もちろん話の背景には難しい問題がいっぱいあるはずだけど、温かいマキオとリンコに大切にされる姪っ子ちゃんがいる世界。
他人が色々口出す必要ないんですよね。

早く世界観につかりたいです。

スポンサー リンク

スポンサー リンク