かなりビックリしました、電撃というよりちゃんと手順をうってお世話になった人達や、事務所関係に挨拶回りしていたんですよね。

2017年2月28日限りでの芸能界引退を発表した女優の堀北真希(28)の夫で俳優の山本耕史(40)は1日、出演舞台の稽古を終え、スタジオを出る際に報道陣に対応、「本人(堀北)が望んできたことなので」とコメント、最後に「ありがとうございます」とだけ述べてスタジオを後にした。

世間的には電撃かもしれませんが本人にしたら計画的な引退ですよね。

事務所はもとより芸能界にとってかなりの痛手だと思いますが、今後堀北真希に負けないような女優さんが出て来てくれることに期待しましょう。

朝の連続テレビ小説「梅ちゃん先生」大好きでした、SMAPの主題歌と共にでてくる堀北真希は可愛かったです。

三丁目の夕日の六ちゃん役も然り、東北訛りが抜けなくてこれも可愛かったなぁ。

もうテレビで見れなくなっちゃうのは寂しいけど、本人が望んでいることですから仕方ないですよね。

彼女ほどに稼げる女優さん、なかなかいないよ思います。

子供をネタに子供の顔を世間にさらけ出しているママタレ達に爪の垢を煎じて飲んでもらいたいと思うニュースでした。

まさに山口百恵さんを彷彿させる幕引きとなりました。

百恵さんに憧れていたとも記事には書かれていたみたいですので、山本耕史さんとお子さんとあたたかい家庭を作っていってもらいたいです。

引退は以前から考えていた。仕事や待遇などをめぐって所属事務所と温度差が以前からあったと証言する芸能関係者もいる。

芸能界って、いうのは一般人の私にはよくわからないところだけども。
辞めたくなっても、すぐには辞めさせてくれないものなんですかね?

過去にも何人か前触れもなく急に辞めてしまったアーティストの方や女優さんいますよね。

やはり2月で引退をされた乃木坂46の橋本奈々未ちゃんは目的を成したので引退ということで
寂しいけれど仕方ないかなと…。
前々から言ってましたし。

今回みたいな辞め方になってしまうとファンの方々は結構衝撃だと思うんですよね。

応援してた子が、明日から急に見れなくなるとか。

ママさんになったから、育児に専念したいっていうのは、私は凄くいいと思うんです。

子供の事を考えたら、小さいうちはやはり毎日一緒にいてあげることが1番だと。

だけど、それだったらね前もってわかっている事だし、わたちらからしたら
先に言っといてくれればよかったのに〜
ってなるわけですよね。

山口百恵さんに憧れて…なんていう報道もありましたけど。

私、世代ではないものでよくわかりませんが。
なんでも急にのお別れは悲しいですよ。

堀北真希の突然の芸能界引退宣言。いろんな憶測は飛び交うし、想像もするけど、正直ほっといてあげたらいいのにと思う。

堀北真希が芸能界を引退した。

私は特別に彼女のファンだった、というわけではないが、見た目が可愛く好みの顔立ちで、テレビに出ている姿を見ても少し控えめそうな(でも本当は芯が強そうにも見えるが)態度がよく、好きな女優の中の一人だった。

2年前に山本耕史と結婚し、去年は子供を授かったことにより、芸能界から身を引く、とのことだった。

夫が、堀北真希を可愛がるあまり、芸能界をやめてほしがっていた、というように見えなくもないが、本人もさほど執着のある世界でもなかったのかもしれない。

本人は山口百恵に憧れているそうだが、山口百恵もまた、急に引退宣言をしてから芸能界から姿を消した。

そのいさぎよさは男の私から見てもかっこよく、その憧れの人のまねをしたようにも感じ取れる。

いずれにしても美男美女の微笑ましい家族で済ませればいい話でマスコミがその突然引退の裏側や、本当の理由、などを面白おかしく掻き立てる必要は全くないと思う。

堀北は公式サイトに「現在私は母になり、愛する家族と幸せな日々を送っています。このあたたかで、かけがえのない幸せを全力で守っていきたいと思っています」とメッセージを寄せ、「これからも2人で力を合わせ、愛情いっぱいの家庭を築いていきたいと思います」と思いを綴った。

堀北は、事務所のホームページに直筆のメッセージを寄せ、「素晴らしい14年間を本当にありがとうございました」と結んだ。

電撃結婚にもすごくびっくりしましたが、いざ引退が発表されるとびっくりしました。

引退するのかな?と薄々は思っていたのですが。
でも、潔く引退する堀北真希さんがかっこいいと思いました。

そして、若い頃から芸能界に入ったので大変なことも多かったと思いますが、
お疲れ様でしたと思います。

年齢も、適年齢だと思いますし、子供を産んで家族を守っていくって素晴らしいことだと思います。

堀北さんの演技が好きなのでもうテレビで見れないと思うと
寂しい気もしますがね。

スポンサー リンク

花盛りの君たちへの印象が強くて、あの時から好きでした。

家庭を持つことに憧れを持っていた堀北さんのようなので
素晴らしい家庭を築くと思います。

絶対お子様、可愛いんだろうなーと思います。

そして、山本さんは絶対に堀北さんと子供を幸せにしてほしいなと思います(笑)

そして、もう一般人になったので記者とかに撮られるのはやめてあげてほしいなぁと思います。
気になることは、気になりますけどね(笑)

堀北真希さんは以前から数々のドラマに出演している素晴らしい女優さんでしたが、結婚、出産を機に「明るく楽しい家庭を築きたい。」という強い思いからこのような決断をされたことをとても素敵なことだと思いました。

共働きが主流となっている現在、今まで忙しく働いていた方が専業主婦として行きていくことはけして簡単なことではないかもしれませんが、堀北真希さんの意思を尊重し、この決断を受け入れた夫の山本耕史さんと共に「明るく楽しい家庭」をぜひ築いていってほしいな、と応援したい思いでいっぱいです。

一方世間で「堀北ロス」と言われているように、今までたくさん活動されてきた方だからこそ、画面の中からいなくなってしまうのは寂しい気持ちもわあります。

家庭を大切にしてほしい気持ちは変わりませんが、私と同じように堀北真希さんがいなくなってしまうことに寂しさを感じる人はたくさんいらっしゃると思うので、子育てが落ち着いたらまた戻ってきてほしいな、という期待もしてしまいます。

堀北真希は元々、プライベートを明かすタイプの芸能人ではなかった。

だから、業界的にはママタレでの出演でをもくろんでいたのだろうが、堀北真希はママぶりをアピールしながら芸能活動をしたくはなかったのではないかなと思う。

もったいないという意見はたくさんあるけれど、芸能人はある程度プライベートを切り売りしなくてはいけない職業で、友達が誰とか子供がどうとか、言わなくて済むのはジャニーズの人たちぐらいではなかろうか。

そういう大きな事務所でない限り、質問絡ませて聞かれることも多いだろうから、静かに子供と旦那様のために暮らす決断をしたのだと思う。

山口百恵に憧れていた的な話もあるみたいだし、堀北真希は芸能界に未練がないんだろうなという見解が多い。

最近の清水富美加や成宮くんなど、ゴタゴタ引退が多いから、きちんとした辞め方だと賞賛されているようだ。

美談として語り継がれれば、きっとずっと先芸能活動を再開したいと考えたとき、プラスに動くだろう。

堀北真希のブレない考えは結果的に、結婚も引退も尊敬できる。

最近の芸能界は引退報道が多く、次は誰かと思ったら堀北真希さんでした。

この報道を知った時は驚きとショックで、もう彼女が出演する映画やドラマが見れないと思うと悲しくなりました。

これまでも電撃結婚、妊娠と驚かされる事が続いていたけどまさか引退するとは予想外でした。

ただ、一般人の私達が分からないだけで堀北真希さん自身が結婚&妊娠をする事で芸能界を離れ一般人の生活をした事でもう芸能界には戻りたくないと思ったのかもしれません。

そして、仕事を手放す事で山本耕史さんの妻として生きていく決心を固めたかったのではないでしょうか?

この報道をみて潔い決心と山本耕史さんに愛されていて幸せだなと思いました。

ただこの手の引き際の人が芸能活動を再開させた時は危険ですよね。

家庭を理由に引退した訳だから復帰するとなると必ず離婚報道が出てしまうと思います。

またお芝居をしたいと思う日が訪れてもそう簡単には復帰できないですよね。

本当に今年は芸能人の引退が多い年ですね。

堀北真希の電撃引退とおかもとまりの待機児童炎上から浮かび上がる「女は家庭に入れ」の根強い価値観…出産=失職

大好きな堀北真希さんが引退なんて寂しい。
結婚も電撃的でビックリしましたがこの引退にもまたまたビックリです。

すごい決断力がある人なんだなぁとつくづく思いました。

かなりのはっきりとした意思の強さがなければできないですよね。

CMスポンサーとの契約も沢山あるのにすごいスパッと断ち切れるなんてあんなに可愛い顔してるのに性格はかなり竹を割ったようなサッパリハッキリしてるんでしょうね。

それでいて堀北真希さんの引退話からのおかもとまりさんの話に繋げるのはちょっと嫌ですね。

全然別物の話ですよ。

考え方が全然違う二人ですから一緒のくくりにはして欲しくなかったです。

おかもとまりさんは家庭に入らずに芸能界で頑張ろうって人なんだから別記事にしましょう!

まぁ女性の結婚後の仕事続けるor続けないの話なんでしょうけども。

それよりも一人の人としての堀北真希さんの引退に対しての話だけで充分です。
本当に惜しい大好きな芸能人ですのでいつか子育てが落ち着いたら戻ってきてほしいです。

スポンサー リンク

スポンサー リンク