日本一熱い男の松岡修造に素敵な娘さんがいらっしゃる事にまず驚き、超難関を突破した恵さん、きっと親譲りのガッツの持ち主だろうと人格を想像し気になっています。

同時に、修造さんが華麗なる宝塚一族であることを知り、創業者の曽祖父はじめとして素晴らしい一族の家系図を見てそのとてつもなさに目が飛び出そうになりました。

未来のタカラジェンヌを育成する宝塚音楽学校の第105期生合格発表が30日、兵庫県宝塚市の同校であり、元プロテニス選手でタレントの松岡修造(49)の長女・松岡恵さん(17)ら40人が26・1倍(受験数1042人)の難関を突破した。

スポンサー リンク

修造さんの家系の事をそれまで想像もした事がなく、意外に思ったと同時に何となく納得もしてしまいました。

一流ならではの生い立ちの中で、人並み外れたプラス思考の努力と根性の人格が出来上がったのだな、と一般庶民の私には改めて遠い存在に思えます。

娘である恵さんも、あの熱くて厳しい父親に言わば英才教育を受け、今回の難関校の合格を掴んだと思いました。

一族の七光り、と世間の嫉妬や心ない言葉を受けてしまうかもしれない環境ですが、それだけで合格できるような学校ではないと思います。

トップスターへの道は険しいと思いますが、世間に流されずぜひ頑張ってほしいな、と思いました。

スポンサー リンク

スポンサー リンク